--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2011/08/17 (Wed) ガイア理論的な価値観

地球をひとつの生命体とみなす、「ガイア理論」というものがある。
古くからある考え方で、ジェームズ・ラブロックにより「仮説」として提唱された。


宗教はもっと進んでいて、宇宙をひとつの生命体とみなすのが一般的だ。
ネイティブインディアンなど古代からの伝統があるところでも、そのような考え方をする。


しかし、現代の西洋合理主義的な考え方では、人間と自然とを分離させる方向性でいた。
人間が科学によって自然の摂理を解明し、いつかコントロールすることができるのではないかと。
自然より人間を上位とする(支配-被支配的な)考え方だ。

それによって、人類全体がゲシュタルト崩壊してしまっているようにも見える。
経済も、医療も、教育も、政治も、あらゆる分野に渡って解決が不可能に思えるような問題が山積みされているのが、いい証拠だ。



世界は今、大きく変容しようとしているように思える。
しかし、人間の意識はそう簡単には変わらない。

ガイア理論のような考え方から見れば、人間も大きな生命体の一部。
全体が変わろうとしているときに、人間だけが変わろうとしないとなると、どうなるか。

一説によると、人間の意識の力というものは物凄いエネルギーを持っており、地球の環境にも相当な影響を与えているらしい。


全体が変わろうとしているのに、なかでも大きな力を持つ人間の意識が変わらない。
これは地球にとって、宇宙にとって、相当なストレスになっているかもしれない。


地震が
地殻プレートの活動によって起された、とか
太陽活動の活発化が原因、とか
惑星の直列が原因、とか

色々言われているが、どれも当たっているだろう。
しかし原因を外ばかりに求めても、完全には程遠い。


自分達の内側にも原因があるのだ、という考え方も持っていた方が、
バランスが取れているし、合理的なような気がする。


人類の意識が世界の変化に対応できない限りは、
天災・人災は起こり続けるのかもしれない。

古くからある神話や宗教などには、そのような物語がたくさんある。
それが長い年月をかけても、まだ伝わってきているということは、それなりの合理性・必要性があってのことだろう。
人間が辿る旅路の、プロトタイプがそこにあるのかもしれない。



世界は変化し続ける。
しかも、変化のスピードは加速している。

人間の意識は、だいぶ置いてけぼりを食っているかもしれない。
だいぶ離されてしまった。
その距離が長いほど、地球にとって大きなストレスとなり、結果として大きな災害となる。

人間の意識が変容して、地球にストレスをかけなくなれば、また穏やかな世界が取り戻せる。
そんな気がする。


このような考え方は、一般的ではない。
しかし震災の直接の被害を受けた、南三陸町のおばちゃんは、それに近い感覚を受けていた。
その方は瓦礫の山と化した自分達の地域を見て、次のように受けとめていた。

「ほれ見たことか人間。もう一度やってみろ」


直接被害を受けた方は、そこまで感じることができる感覚を取り戻している。



東京は人の数が多いし、発信の中心地だし、そこで暮らす人々の意識の影響力は測り知れない。
ここの人の意識の状態によって、これからの災害の被害度合いがだいぶ変わってくる、と思う。


今回の震災があってから、自分自身の価値観の崩壊、とまではいかなくても、自分自身を見つめ直した人の数だけ、これからの災害度合いが軽くなる。
そんな気がする。



変わらないでいるのか。
東京の身代わりとなった今回の被災地から学び、変わることができるのか。


どうなんだろう?
絶望的な感じもするし、希望が大きいような感じもする。

スポンサーサイト

| trackback(0) | comment(0) |


2011/08/02 (Tue) まだまだ天災・人災は続きそうだ

米デフォルト回避へ…下院、債務上限法案可決
というニュース。

世界の経済システムの中心が倒産するって危機だから、すげえ危険なハズなのだが。


しばらくは危機を煽っておく、いつものパターンでしょ。
ホントは大丈夫なんでしょ。
今のうち、逆に張っておいて儲けるんでしょ。

見え透いている・・・。


ちょっと訳知りの人の多くはそう思っているだろう。
俺もそのひとり。


しかし、むしろ日本のデフォルトが近いそうだ。
実は。


日本倒産も、随分騒がれているが、
日本の国債は、結局は日本の国内で引き受けているから大丈夫。
とか思っていたけど。


震災の直後から日本国債の空売りを仕掛けている欧米ヘッジファンドは多いそうだ。



国際金融界で、デフォルトする国・最有力候補は、

ギリシャでもアメリカでもなく、

日本

だそうです。


興味ある人は↓
http://www.funaiyukio.com/funa_ima/index.asp?dno=201107008



このような近未来予測は、情報が広まると実現しない。
という力学が働くことを願って、書いておきます。

8/15と10/2、大丈夫だといいけど。


ここ数年は水と火の災害が多く起こる、と言われていた。
水・・・津波
火・・・原発
水・・・洪水
ときてるから、

次は火だから・・・噴火か?
くらいに思っていたけど。

日本の台所事情に火が付く、というオチか?



まあ、だとしても、
お金や情報や物の流れは止まらないし、
一般人が元気に生きていくことは可能。

一足先に、被災地がそれを証明してくれている。

| trackback(0) | comment(0) |


2011/06/27 (Mon) 小水力発電

以下は読売新聞の記事。


大分・熊本県、小水力発電を本格導入へ

 東京電力福島第一原発の事故を受け、再生可能エネルギーの議論が進む中、大分、熊本両県が、農業用水などを利用して行う小水力発電の本格的な導入に乗り出す。

 地域のエネルギーを地域でつくって消費する「電力の地産地消」を目指す政策の一つで、売電収入による農業水利施設の維持管理費の節約などにより、農山村再生にもつなげたい考えだ。

~中略~

 初期投資には数千万円から数億円が見込まれるが、国の補助制度を利用し、国が50%、県、土地改良区などがそれぞれ25%を負担する。県は昨年度までに37か所で予備調査を行っており、すべて整備できれば、年間発電量は1万4820メガ・ワット時に上り、一般家庭3528世帯分に相当するという。



という、目立たない記事。
「初期投資は数千万円から数億円が見込まれる」とあるが、ふり幅が大きい。
ここに俺のアンテナが反応しました。

仮に、多く費用がかかった場合として3億円だったとします。
それで一般家庭3,000世帯以上は軽く発電量が見込めます。

この3億円の費用を3,000世帯で負担した場合、1世帯あたり費用はいくらになるか。

10万円です。

バカ安い。
半年で元がとれる。


ミニマムにみて、仮に、投資額が6千万円だったら、

1世帯あたり2万円。

上記記事の費用額の異様なふり幅は、この数字を目立たなくし隠すため、ともとれなくもない。
(この計算が合っていればの話ですが。もちろん。)

こんな安い費用で電気が作れてしまうんだから、もっと全国にひろめようという熱意ある記事を書いて欲しい。
1世帯あたり最大でもこれだけしかかからない、という具体性を持った記事で。
それで電力の(ほぼ)無料化に繋がっていくんだから。

脱原発どころじゃない。
衝撃的な内容なのに。



まあこれで、ついに電力会社が恐れる、小水力発電が日の目をみることになる。


「エネルギーと食料の地産地消」が実現する未来へ向けて、太陽光と双璧を成す、欠かすことのできない技術のひとつ。


パズルのピースは揃っているんだよなあ。
あとは組み立てるだけなんだが。

| trackback(0) | comment(0) |


2011/06/25 (Sat) ソフトランディングを希望します

北朝鮮のニュースで、国内で大混乱している様子をやっていた。
かなり国民は飢えているようだし、不満も高まっているようだ。
社会の上層部は腐ってるし、お上に対しての尊敬も建前だけのようだ。

北朝鮮のニュースを読み上げたあと、キャスターは上から目線で
「なんとかしないといけませんねえ~」
というようなことを言っていた。

他人事。対岸の火事。
かわいそうな国・・・。

そんなキーワードを、キャスターからは感じた。

なぜ、明日の日本かもしれない、という考えが浮かばないのか。
日本なんか簡単に飢えさせることができる。
また、簡単にエネルギーの供給も止めることができる。

このような、リアルな大前提を忘れている人のなんと多いことか。

しかもこのような状況は自然と成ったものではない。
明確な意図があって、長い期間をかけて構築されたものだ。
つまり、このカードを有意義に使える・使おうとしている連中が、実在している。


核を持たない日本は、防衛の為にアメリカの属国で今まで過ごしてきた。
アメリカによる核の抑止力を利用し、その為に貢げるだけ貢いできた。(貢がされてきた。)

日本の上層部、トップエリート達の一部はそんな状況をなんとかしようと考え、日本の核武装の道を探ってきたフシがある。
そんなことが誘因のひとつとなり、もんじゅの稼働や六ヶ所村の再利用施設建設にも繋がっているハズだ。


エネルギー
食料
防衛

国の根幹となる、この3つが外国頼み。
自立してない。

これは致命傷だ。

こんな大事なカードをよその国に握られたままで、日本の政治が機能するワケがない。
パフォーマンスに終始し、良い政治家が育たないのも無理はない。

現状ではアメリカ政府のエージェントが総理官邸に常駐する始末。


状況改善の為には、相当な覚悟が必要。

エネルギーと食料の自給は、長い期間かけて取り組めばある程度いいとこまでいきそうだ。

だが防衛は。
憲法9条を保ったまま、アメリカの傘下から離れられるのか。
核の抑止力を持たず、いきなり弱肉強食の世界へ放り出されて、生きていけるのか。


戦争はしません。
核ももちません。
世界の国々の善意を信じてます。

というコンセプトで、アメリカに
「私たちは自分の国は自分で守ります。
核抑止力を失い、他国から核による恫喝を受けるリスクも覚悟のうえです。
たとえ日本が他国から攻められ、再占領・分割統治されたとしても悔いはありません。
今は独立国家として自立し、誇りを取り戻したいのです。」

と言うには、相当な勇気が必要だ。
そんな決断をできるリーダーはひとりもいないだろう。


だが俺はそんなリーダーが出てきたら、支持すると思う。


世界中がひとつとなり、世界中の核利用を廃止し、持続可能な社会建設の為には、もしかしたら生け贄のような起爆剤が必要なのかもしれない。

世界は、日本の東北地方という犠牲だけでは変われないのかもしれない。
これは絶望的な認識だ。
だとしたら、次はもっと大きな生け贄が必要となる。

世界が新たなステージへとジャンプアップする為に、これ以上の衝撃は本当に勘弁して欲しい。
しかし、ハードではなくソフトランディングする為の時間は、まだあるのだろうか?

| trackback(0) | comment(0) |


2011/06/08 (Wed) ウワサの6.11

もうすぐ、ウワサの6.11です。


9.11の同時多発テロ。
そして今回の3.11。

そして次に何かあるのは6.11じゃないか、というウワサですが、あながちバカにはできません。


太陽黒点と地震には密接な関係があることが次第に判明しつつあります。
3.11のときは、直前に黒点の数が100を越える日が5日以上続いていたそうです。
黒点数というのは宇宙天気情報センターで情報を公開してます。
http://swc.nict.go.jp/sunspot/
100以上あるというのはかなり多く、活動期とそうでないときで波がありますが、ゼロが長い期間続くこともあります。

そして5/30から6/4までの6日間、黒点数が100を越えてます。
ここ2日間は落ち着いてますが。



そして、惑星の直列も6.11には起こるそうです。
今回は地球と太陽と水星が直列に並ぶとのこと。

惑星直列により、重力や引力が引き金となって地震が起こることが、近年は知られています。
ちなみに3.11のときは、地球・太陽・エレニン彗星だったとか。


まあ、どうなるんでしょうか。
今回は地震は起こらない、と個人的には思ってますが、用心する必要はありそうです。



3.11の地震は人工の地震だった、というのが今のところの私の考えです。
まあ、人災であったとしても何らかの力(神?)によって結果としてそうなったワケで、広義では天災とも言えます。
どっちでもいいですけど。


中越沖地震が起きる直前、すぐ近くでボーリングによって穴を掘り、二酸化炭素を大量に地中深くに埋めていたそうです。今回の3.11では、地震直前に探査船ちきゅう号の海底ボーリングが行われていたことが一部で話題になってます。
偶然の一致かもしれませんが、6.11前の現在、どこかでそのような作業が行われてないことを祈るばかりです。



私の個人的見解ですが、

太陽活動の影響や惑星の配列などにより、地震が起きやすい(起こしやすい)タイミングは分かります。
地底への二酸化炭素注入にどんな効果があるのかは知りませんが、HAARPの威力を高めたりとか、何らかの効果はありそうです。
今回の3.11には核爆弾が3つくらい使われた、という情報もあります。(ソースは曖昧です)
実際に地中や海底などに核を埋め、人工地震を起こすことは十分に技術的に可能であり、また過去に実行されてきたようです。
さらに、HAARPという気象兵器も実在し、プラズマによって人工地震を起こす技術があるようです。

これらを組み合わせて、人工地震を起こし、大規模な地震(人工災害+自然災害)を誘発することはできそうです。




今回の地震によって、ムー大陸が浮上しつつある、という楽しい情報もあります。
ちなみに日本はムー大陸の一部だそうです。



6.11、とりあえず何事もなければ一番いいのですが。

| trackback(0) | comment(0) |


| TOP | next >>

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

プロフィール

itty7551

Author:itty7551
身は俗世に。
心はタオに。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

タグクラウドとサーチ


> tags

*The JavaScript is invalid.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。