--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2009/03/20 (Fri) 呼吸する家

 かなり話が遡りますが、2月末に呼吸大学の宮本先生の講演会に
行ってきました。

 この方は色々やっている人ですが、今回は「呼吸する家」がテーマ
でした。その要旨は以下の通りです。

 生命の維持手段として「衣食住」は基本だが、重要な順は「住食衣」。
衣服が無くても食事しなくても人間はしばらく生きられるが、空気が無いと
すぐに死んでしまう。空気と密接に関わる住が一番重要である。

 体の中で、酸素を一番消費するのは脳であり、特に睡眠時の呼吸が
重要。空気の良い環境で睡眠を取ると、脳が活性化する。

 家を腐らせるのは、実は下からの水分。つまり水蒸気。雨などの上
からの水分と下からの水分の量は、ほぼ同量である。
 雨などの水を入れず、下からの水を逃がす建築技術は、世界で日本
しかない。屋根や床に通気孔があり、タテの風が流れる設計になって
いる。その風と伝統的な土壁が屋内の気温と湿度を一定の関係に保つ。
気温と湿度が反比例するように自然と調整され、このことにより「万物適正
含水量の法則」が機能する。それは、あらゆるものは、それぞれの気温で
適正な含水量があり、その水準にあるときには物が壊れない・腐食しない、
という自然法則である。例えば布団であれば、ホコリが出ない。

 「呼吸する家」は日本の伝統建築技術を用いており、タテの風が機能し
また壁も「呼吸する土」で作られていることにより「万物適正含水量の法
則」が機能している。データを取ってみると、森林の中の空気の状態と
良く似ており、家自体が呼吸している生き物のようになる。
 このような伝統建築技術は、今や絶滅寸前である。

 戦後日本は、文化を捨て文明を選択してきた。
 それは、100万円で米を作る技術を買うことより、10円で米を買うことを
選択し続けてきた、ようなことを意味する。→長い目で見て、どちらが得?
文化に根付いた価値のある技術が失われ、そのような職場も失われた。
このことにより、今の日本は国力の底力が無い。

 300年以上続いたもの・・・文化(自然の法則を利用したもの)
 100年以下のもの・・・文明(反自然的なものが多い)
 100~300年の間のもの・・・どちらでもあり、どちらでもないもの
文化の価値は、物証ではなく技術である。

 大中小の3つの大きさの皿を重ねた場合、もっとも揺れに強い重ね方は
上から小大中。小中大ではない。メトロノームをイメージすると分かり易い
が、大きいものが上にあると、ゆれが大きくゆっくりになる。反対に大きい
ものが下にあると、ゆれは細かく早くなる。
 99%の地震は細かい揺れである。その為、建物が細かく揺れてしまうと
地震の揺れと共振し、倒壊の原因となる。建物を大きく揺らしてあげると、
地震の細かい揺れを相殺してくれる。
 日本の伝統建築は、大きく張り出した屋根によって、以上の機能を備えて
いた。また、家自体が大地に固定されてないので、地震のエネルギーを
受け流すことができた。

 普通のマンションに住んでいる人も、常に換気扇を回し、朝は窓を開け
換気すると良い。一番良いのは、早朝の散歩。都会でも早朝は田舎の
空気が流れ込んでいる為に、空気がきれいで脳が活性化する。


 ・・・まとまってませんが、大体以上の内容でした。
自分へのメモ代わりに書きましたので、分かりづらくてすみません。
「呼吸する土」に種を植えると、元気な植物が育つようです。ちょっと
購入を申し出てみようかと思ってます。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
↑クリックご協力下さい

スポンサーサイト

| trackback(0) | comment(6) |


| TOP |

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

プロフィール

itty7551

Author:itty7551
身は俗世に。
心はタオに。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

02 | 2009/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

タグクラウドとサーチ


> tags

*The JavaScript is invalid.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。