--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2009/06/21 (Sun) eatrip

本日、愛車ビートルを車検に出し、引き取りの夕方まで時間をもて余した
ので、恵比寿ガーデンシネマに「eatrip」という映画を見に行きました。
eatrip

会社の元後輩がオススメしてくれました。

デザイナー、歌手(UA)、ダンサー、俳優(浅野忠信)、寺の住職、茶人、
文人、自然農法を行う主婦、などなど様々な人へのインタビュー映画で
す。それぞれの立場から、色々な角度から、「食」または「生きること」に
ついてアプローチして、人と食の関わりを炙り出します。

「食べること」は、イコール「生きること」だと、アタマでは分かっていまし
たが、この映画を見てさらに理解が深まりました。

マクロビオティック・スローライフ・ロハスなどに興味のある方はもちろん、
そのような予備知識がない人も、楽しめる映画だと思います。

「食事」は五感全てを使う行為であり、大げさに言えば地球との最も豊か
なコミュニケーションです。食との関わりかたは、その人の人生観が如実
に現れる部分だと思います。

今日は偶然にも、上演前に監督と出演者のトークライブがありました。
「現代は、生きることになかなか意義を見出せない、難儀な時代です。
だからこそ食という人の営みの超基本に戻って、シンプルに考えること
が有効なのではないか」という監督の言葉には全く同感でした。

食を良質なものにし、それによって人生を良質な方向に引っ張ってもらう。
通常とは逆の考え方ですが、それも十分ありえると言うか、むしろ王道か
もしれません。

ラストシーンの晩餐の様子は、幸せのカタチのひとつの答えだと思います。

映画の最後、エンドロールが流れ終わると、観客から拍手が起こりました。
幸せな気分に、また無性に何かを食べたくなる気分にさせる映画でした。
かなりオススメです。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
↑いつもクリックありがとうございます

スポンサーサイト

| trackback(0) | comment(0) |


| TOP |

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

プロフィール

itty7551

Author:itty7551
身は俗世に。
心はタオに。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

05 | 2009/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

タグクラウドとサーチ


> tags

*The JavaScript is invalid.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。