--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2010/01/17 (Sun) 書初め大会2010

毎年恒例の、書初め大会を開催しました。
shodou
ヘタクソで恐縮ですが・・・。(ホントはもっと上手く書ける・・はず。)

今年で何回目かは忘れましたが、毎回メンツは変わるけど何故か続いている
恒例行事です。
ちなみに「あるがまーに」とは、架空の農作業着専門アパレルブランドです。
農作業着のプロデュースとか、いつかしてみたい。

年初の個人的な恒例行事としては、やはり1年の目標というか、やることリス
ト作りがあります。毎年元旦に行います。今日は、この目標を書くことについ
てのエントリーです。


ロバート・ハリスというアウトローの人がいまして、「人生の100のリスト」と
いう本を出しています。
この人は自分の人生でやりたいことを100のリストにしているそうです。

そのなかで「モデルと付き合いたい」というような煩悩MAXの目標から、「世界
のすべての国と地域へ旅をする」というような志の高い(?)目標まで、様々な
ことをリストにしました。そして数年後にそのリストを読み返してみると、約8割
程度実現していたそうです。

日本一のマーケッター神田昌典氏によると、目標を達成できない一番の理由は
「目標を忘れる」ことだそうです。

目標を紙に書き記すという行為を行うと、ある程度、自分の潜在意識の中に目標
をインプットすることができるそうです。そうするとその目標を達成する為の意識
のアンテナが自動的に張られます。
本屋で目標に関連する本が目に入ってきたり、電車の中吊り公告から関連する
情報を仕入れたり、自然と有益な情報が自分に入ってくるようになるということ
です。

このように潜在意識には、目標の自動追尾装置のような機能を発揮させることが
できます。ある調査では、年収2,000万円以上の人の9割は、何らかの形で潜在
意識の活用を「意識的に」行っているそうです。

効果を高める為には、目標を書いた紙を常に持ち歩き、ときどき読み返したり、
声に出して読んだりするといいそうです。

そこまで徹底してできていませんが、私も試しています。
ちなみに人生100のリスト作りもやったことがありますが、60くらいまでいった
ら何も出てこなくなり、「人生60のリスト」になってます。なかなか100も考える
のは難しいです。意外に人間の煩悩の限界って狭いな、と思いました。

先日、古いノートを発見しまして、中を見てみたら数年前の目標が書かれていま
した。仕事に関する目標で、「営業所の売上をいつまでいくらにする」とか「○○
○の受注をいつまでにとる」とかそんな目標ばかりでしたが、8割程度は達成できて
いました。

そんなこともあって、最近はやりたいことや目標を紙に書くことが習慣化して
います。実現のスピードは間違いなく速くなっている実感があります。

書いた紙を持ち歩くことまではできてません。しかし極度のなまけものの私でも
できたことですし、何よりこの方法は特別な努力が必要ありません。

「潜在意識活用による(自動的な)目標達成方法」は多くの人にオススメできる
ものではないかと思います。


人生の100のリスト (講談社プラスアルファ文庫)人生の100のリスト (講談社プラスアルファ文庫)
(2008/05/20)
R.ハリス




にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
↑いつもクリックありがとうございます

スポンサーサイト

| trackback(0) | comment(2) |


| TOP |

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

プロフィール

itty7551

Author:itty7551
身は俗世に。
心はタオに。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

12 | 2010/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

タグクラウドとサーチ


> tags

*The JavaScript is invalid.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。