--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2010/07/14 (Wed) 回天の思想

今の時代ほど、陽明学が必要とされる時代はないと思う。

明の時代、王陽明という稀代の戦略家によって生まれた学問だ。
戦争の天才で生涯勝ち続け、また政治面でも教育の充実など多く
の成果を出した人だ。

日本でも特に幕末にその系譜がおり、大塩平八郎・吉田松陰・
河井継之助・西郷隆盛、近代では三島由紀夫。

一般に広く知られていないのは、その特徴である「回天の思想」
ゆえのことであると思う。ひとことで言えば危険思想だ。


まず、その中心となるのが「万物一体の仁」。
人間は天地の心であって、天地万物はもともとひとつのもの。
ゆえに天地万物と我は一体である、
という悟りともいえる考え方だ。

その仁の心から、人間の内なる「良知」が生み出される。
それが「心即理」「到良知」。
全ての理(ことわり・万物一体の仁)は自分の心の中にある。
他人に与えられた知識ではなく、自分の心で感じたものこそが
真理である。
それに到達し、発現させる。

そして、その「知」に辿り着いたならば、それを行動によって
完結させなければならない、とする「知行合一」。
知ることは行うことの始めであり、行うことは知ることの完成。
知と行は一体のものでなければ意味が無い。

(ちなみに、ハンドルネームitty7551の7551は知行合一から
とってます)


こうして見ると、一見全く危険思想ではない。

しかし、「良知」がすたれて世が乱れ、私利私欲を追求する人
ばかりになって天下が乱れたならば、その天下の混乱を自分
自身の痛みとし、その乱れを放置することは許されない。

「万物一体の仁」「到良知」「知行合一」から導き出される結論は、
そのようなものになる。
これが「回天(革命)の思想」と言われる所以だ。

相手が国家だろうが強烈に行動に駆り立てるこの思想の影響か、
先に挙げたその学徒達は、悲劇的な最後を遂げている者が多い。


現在、民主党勢力が弱まり、自民党も復活せず、みんなの党など新たな
政党が乱立し、結果しばらく政治が機能しなくなることが予想される。

国でも会社でも、組織はみんなそうだが、もうお上には頼れない。
これまでになくひとりひとりの覚悟と感性と行動が問われる時代になって
いるが、現代ほど人々の洗脳が高度に機能している時代はない。

その為、自分の心で感じたものこそが真理であり、感じたものを行動で
表現することに駆り立てるこの思想の輝きが、今こそ増していると思う。

王陽明の詠んだ「睡起偶成」という詩も、今の時代にピッタリだ。


睡起偶成

四十余年 睡夢の中
而今醒願始めて朦朧
知らず日巳に停午を過ぐるを
起って高楼に向かって暁鐘を撞く
なお多くは昏睡して正に茫々
たとい日暮るるも醒むること猶お得ん
信ぜず人間耳 尽く聾なるを

(長い眠りから醒めて朧にモノが見えてきたときには、
すでに日は西に傾いていた。
それでも、私は夜明けの鐘を打ち鳴らす。
しかし、世間の多くの人々はまだ眠りほうけており、
たとえ日が暮れても醒めることはないかもしれない。
だが、なかには目を覚まし、私の声に耳を傾けてくれる
人もいるだろう。)

陽明学回天の思想―閉塞状況を打ち破れ陽明学回天の思想―閉塞状況を打ち破れ
(2000/06)
守屋 洋



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
↑いつもありがとうございます

スポンサーサイト

| trackback(0) | comment(0) |


| TOP |

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

プロフィール

itty7551

Author:itty7551
身は俗世に。
心はタオに。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

06 | 2010/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

タグクラウドとサーチ


> tags

*The JavaScript is invalid.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。