--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2010/03/03 (Wed) 株と為替

株価は堅調なのに円高がジリジリと進んでいます。
これまで円高が進むと株価も下がりました。
大きな金の動きが変わりつつあるんでしょうか。

昨年、下がり続けた日本の株を買い支えたのは年金でした。
日本株の上値が重いのは、年金が買い増したものを売りに回っていた
からだそうです。
再度、政府の要請で年金が買いに走っている可能性があるようです。

一方で、今、外資の大きな資本は、着々と日本株の売りポジションの
ストックを増やしていると思います。日経平均は11,000円超えを目指す
勢いのようですが、一旦吹き上がったあと、徹底的に叩き売られます。

国民の財産である年金が多額の損失を出し、その分外資が儲かるという
仕組みです。
その後、安値で日本のあらゆるものが再度買い叩かれ、日月神示にある、
日本は根こそぎ尻の毛まで奪われる、との予言が成就されるのでしょうか。
今トヨタが騒がれてますが、あれもこのような動きのキャンペーンのひとつ
かもしれません。

第一生命もこの春株式会社になり、大きなインパクトもたらすことが
予想されていますが、このような大きな案件が狙われないわけがあり
ません。

ちょうどタイミングとしては、株価が上向きのタイミングですので、
上場後には一旦上昇し、その後に急落というのがパターンではないで
しょうか。

その後、資本増強の為に新たな株を発行し、株の価値が希釈されて
株価が落ちる、というのは、まだマシな結末だと思います。
最悪JALのように株が紙くずになる可能性すらありえます。

この場合、泣くのは第一生命の保険契約者(株主)です。
その損失分は、そのまま外国資本の利益になります。

郵政民営化は、その郵貯資金を狙われてアメリカの指図で行ったこと
は、もう一般に周知されているとおりです。
第一生命の株式会社化が、サービス維持の為、契約者の為だなんていう
論調の発表は、これももちろん大嘘です。今回も罠が仕込まれている
と読むほうが、よっぽど理にかなっています。

幸い今年の前半の株価は好調である確立が高いので、その間に売り払う
のが賢明であると思います。逆にこのタイミングで売り逃すと、大変なこと
になるかもしれません。




にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
↑いつもありがとうございます

| trackback(0) | comment(0) |


<<まずは知ることから | TOP | それでもワクチン打ちますか?>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://itty7551.blog23.fc2.com/tb.php/129-f666789c

| TOP |

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

プロフィール

itty7551

Author:itty7551
身は俗世に。
心はタオに。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

タグクラウドとサーチ


> tags

*The JavaScript is invalid.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。