--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2010/10/03 (Sun) 内発的動機を感じる為に

DE DE MOUSEのドキュメンタリーを見た。
彼は音楽学校では異端児で、先生に理解されず嫌われていたようだ。
卒業し、数年間の引きこもりの時期を経て
「外に出よう」
と思ったという。
そして好きなDJがプレイするイベントに行くようになり、自分の作ったCDを配りまくった。
それから道が開けたそうだ。

自分が本気になって作りあげたものを、初めてDJに渡すとき、どんなに怖かっただろうと想像せずにいられない。
しかし、彼はその壁を乗り越えた。


知り合いで歌を歌っているヤツがいるが、最近になって自分でイベントを企画するようになった。
都会で生きる子供達とその親の為、
「森をつくりたい」
と彼女は言っている。
何を強制するわけでもなく、ただ日常からいったん離脱でき、人間本来の姿に立ち返ることができるような時間と空間を提供したいと。
それでイベントができそうなカフェを探し出し、飛び込んでそこのオーナーに想いをぶちまけたそうだ。

店には客としていき、お会計のときに声をかけたとのことだが、相当勇気を振り絞ったことだろう。



今や彼らは輝いている。
自分の内面からくる衝動を感じ、それを行動に移し、壁にはブチ当たるだろうがそれを乗り越え、自分の想いが現実化したとき。
それはどれだけの充実感をもたらすだろう。


しかし、教育やらマスコミやら会社やらで受身でいることに慣れ、去勢されてしまった我々は、内面から湧き上がる自分の欲求を感じることすら難しい。
「本気になって取り組めるような大好きなことは何?」と聞かれ、どれだけの人が答えられるだろう。

それが人生における最重要項目であるにも関わらず、それを無視し続け、ついにはそんな項目があることすら忘れてしまう。
そして満たされない思いを抱え続け、それは人格の歪みとなって現れる。結局、しわ寄せは一番弱い存在の子供達が被ることになる。


この悪循環を断ち切り、一歩進んだ社会をつくるためには、まずウチら大人が満たされ輝くことが第一歩だろうと思う。



自分の内なる思いがどうしても感じられない、分からないとき。
そんなときは、逆に外に目を向けてみるのが有効なようだ。

自分の職場、嫌いな上司、住んでいる場所、友達、趣味、最近起きた出来事、好きな食べ物、今悩んでること、ワクワクしたこと、休日に出かけた場所・・・
ひとつひとつ丁寧に思い返すといい。


全てがヒントだ。
それぞれは点だが、ある方向性を持っている。
そのベクトルが集中し、交差する一点には、何かある。


その一点に近寄ると、微かに何かイメージが・インスピレーションが感じられるかもしれない。
最初はよく注意しないと感じられないほどの、微かなワクワク感。
それを疑いながらも、まずは信じてみる。



現代に生きる不感症の我々は、そこから始める必要がある人が多いかと思う。

そして、そこまで辿り着けたら、次は外に出ること。
行動に移す。
またこのときにも壁というかハードルはあるのだが、長くなるから割愛。


最近、彼ら二人の話を聞いて、こんなことを勉強させてもらいました。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
↑いつもありがとうございます

| trackback(0) | comment(0) |


<<アカテナンゴのコーヒー農園 | TOP | 最近のパッカー事情>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://itty7551.blog23.fc2.com/tb.php/185-d4c4f1bb

| TOP |

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

プロフィール

itty7551

Author:itty7551
身は俗世に。
心はタオに。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

タグクラウドとサーチ


> tags

*The JavaScript is invalid.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。