--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2011/03/19 (Sat) なぜ救援物資が届かないか

TVで連日FAXが紹介されるが、死に瀕している被災者の悲惨な声が止まらない。
なぜ、支援物資が届かないのか。
TVのコメンテーターは現地の状況が分かってないので、誰も正確なことを言えないし、効果的なメッセージを発信できてない。

阪神淡路の経験から災害時の緊急体制を国が構築し、それを今回運用しているようだが、それが裏目に出ていることもあるようだ。その悪影響を受けたのが、今まさに命の危険が迫っている地域のように見える。

以下、mixiの災害支援コミュに掲載されていたNPO ユニバーサルデザイン研究機構の横尾氏からのメールを転載。



今回の震災は非常に特殊です。
規模が大きさ、被災範囲の広さ、それに加えて、津波による水没。
阪神淡路等の地震と最も大きく異なるのは、 自治体が機能していないのではなく、津波に流され存在自体が なくなっている地域が多数あることです。

それにより、必要な支援のあり方が大きく異なり、阪神淡路の経験では通用しません。
これは、自治体経由の物資やもちろん、赤十字や国の対策本部や自衛隊からの 救助や支援や配給がまったく届かない「自治体の存在自体がなくなった地域」 が多数あるということです。

これは実は難しい問題です。なぜなら、阪神淡路の経験から混乱を避けるため、すべての配給や救助が自治体経由になっているため、自治体が存在しない地域への支援の仕組みがありません。

やる気がないのではなく仕組みがない。自治体も県も、警察も自衛隊も、国交省も 支援団体も生き残った避難民も何とかしたい。でも出来ない。

~中略~

現在活動している市民団体やNPOやボランティアは、「非常に優秀」です。
阪神淡路と違い、高速に規制があったり、津波の水で陸路が絶たれたり、ガソリンが無かったり、という状況で、自治体が入れないところまでいって、活動しているのです。

現時点で、最も確実に、不足地域への支援を行い、命を繋げています。

しかし、阪神淡路でのボランティアのイメージから、寄付や支援物資や設備の提供を断られていることろが多いのが現状です。

私が気仙沼の命をつなぐために利用させていただいたヘリコプター。
ヘリも個人持ち出し、パイロットもボランティア、燃料数百万も持ち出し。
集まった寄付はたった10万とのこと。それでもみんな自腹を切って、活動しています。現時点で活動できているところは本当に優秀です。

国や赤十字への寄付や支援も重要です。私も電話してみましたが、支援をすると発表を行っている大企業数社に問い合わせましたが、NPO等から物資や資金の援助の依頼は沢山来るがすべて断っているところが多いのです。

しかし、復興段階まで行かず生命維持が本当に危ういのは、「自治体不在の孤立被災地」であり、それを担っているのは、NPOやボランティアなのです。

是非この事実を、多くの個人、そして企業の地震対策本部に伝えてください。

以下略。


全文読みたい人は、mixiの「今僕達にできること。東日本地震」コミュニティ内「義援物資」トピックをご覧下さい。


| trackback(0) | comment(0) |


<<NPOの義援物資受付・募金受入など | TOP | 原発暴露話>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://itty7551.blog23.fc2.com/tb.php/207-b7a2407e

| TOP |

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

プロフィール

itty7551

Author:itty7551
身は俗世に。
心はタオに。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

タグクラウドとサーチ


> tags

*The JavaScript is invalid.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。