--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2011/04/18 (Mon) 田中優氏の講演

田中優氏の秀逸な講演を掲載します。

放射能について、原発被害について、マスコミが報道しない実際のことを、ものすごく分かりやすく教えてくれます。ご存じのとおり、東電はマスコミの最大のスポンサーであり、マスコミは公式発表を垂れ流すばかり。
「東電には、しっかりと情報開示をしてもらいたいですね~」とキャスターが言うことが、マスコミにできる限界です。独自の取材や調査、独自の見解の報道は一切ありません。
その為、あれだけ「安全デマ」が1ヶ月間垂れ流し続けられるなか、各局の報道はどれも内容が同じ。




長い動画ですが、見始めると面白くて引き込まれます。

今、原発の事故について真実を発信しようとすると、自然とネガティブ情報になってしまいます。
それは、東電や政府が「安全デマ」を垂れ流すから、相対的に真実は不安をあおる内容になるからです。

しかし、田中優氏の講演はそれにプラスして、未来に希望を持てる内容になっています。
なかなかできることではありません。
一部、データの信頼性とか突っ込みどころはありそうですが、非常に優れた講演ということは間違い無いです。




以下、講演の内容を箇条書きします。


~~~~~~~~~~~~~~~~~


生物は、放射性ヨウ素を栄養と勘違いして吸収し、濃縮する。
生き物の食物連鎖の中で濃縮は進み、濃度が1万倍とかになるのは、よくある話。

放射能を、1メートルはなれたところから浴びる場合と、体内から浴びるのを比較すると、体内から浴びる被害は1億倍。

放射性ヨウ素は、微生物が全て吸収し、濃縮する。微生物を植物や動物が吸収し、濃縮する。
野菜や、肉や、牛乳を食べることによって、人間が内部被爆する。

1万人が1ミリシーベルトの放射能を浴びると、1~37人の間でガン患者が増える。
確率的影響と言われるものだが、その患者を調べても放射能のせいだと立証することはできない。
しかしそれは、確実に放射能の影響だ。

細胞分裂の段階で放射能の影響を受けるので、大人より子供、子供より乳児に影響が出やすい。
10年先に甲状腺ガンが増える。

ドイツ政府放射線保護庁が原発から5キロ圏内の子供を調べたところ、白血病の発生確率が2倍ということが分かった。

世界で大気圏核実験を行っていたとき、日本においても自然死産率が高かった。
そのときも、「ただちに影響の出るレベルではない」と報道されていた。
細胞分裂が最も盛んな胎児に対する影響は、「ただちに出る。」

「私たちが通常1年間に浴びる放射線は1.4ミリシーベルトであるから、今回はそれ以下だから健康に影響ないレベル」と現在日本においてよく報道されている。
しかし、ドイツで徹底的に調べた結果、その白血病が増えた地域で子供達が浴びていた放射線は0.00009ミリシーベルト。

食べ物は事故から1ヶ月後からが怖い。
微生物からの食物連鎖によって放射能の濃縮が進む。
チェルノブイリでは、事故後3週間で安全宣言を出して食べ物の放射線測定を止めた。濃縮がすすみ、放射能量がハネ上がることが予想されたから。

海藻によってヨウ素をとりこむと、それが体内にたまり、放射性ヨウ素を吸収しなくなる。
食べ過ぎは良くないが(30グラムくらいまで)、政府がヨウ素剤を配布するのは待っていられない。
海藻を食べることは有効。

レントゲンとの放射能比較はナンセンス。
1時間あたりの放射線量が出ているだけであって、1日24回×365日レントゲンを撮る人などいない。
放射能を浴びる地域に住む人は1年中曝されることになるので、レントゲンとの比較は8,760倍にして考えるべき。
つまり、0.05ミリシーベルトの放射能量の地域は、438ミリシーベルトの放射能を1年間で浴びることになる。

放射能被爆は伝染しない。放射線は人体を通過するだけなので。放射能を保持するわけではない。

六ヶ所村の再処理施設の下にも活断層はある。が、日本原燃は認めない。
ここで事故が起これば、北半球に人類は住めなくなる。
柏崎にも建設前から活断層があることは分かっていたが、電力会社は認めなかった。
地震がおこったとき、「想定外」とされた。実は想定内だったのに。


電力会社の利益は、売り上げの3.5%と法律で定められている。
利益を増やすには、より多くの経費をかける必要がある。
より多くの経費をかけ、それに3.5%上乗せした電気料金を取ればいいから。

もんじゅに2兆円以上かけて失敗しているが、電力会社にとっては費用をかければかけるほど儲かることになる。
その仕組みでマスコミの一番大きなスポンサーになっている。

発電所を建てるときに出す設置許可申請書によると発電単価は、
原子力発電は13.9円(再処理施設ももんじゅも含まず)
その他の発電で一番高いのは水力発電で13.6円

原子力が、実は一番高い。

結果、先進国のなかで日本の電気料金がズバ抜けて最も高い。
アメリカの3倍。
日本の産業競争力が失われた原因になっている。

産業界こそが、原発に反対するべき。

日本政府は、今まで50年にわたって原子力に毎年5,000億円規模の補助金を出している。
日本にある原発は、全て補助金で作られたも同然。

電力会社の最大コストは送電線。
各地域で発電することが、コスト削減の近道。

アメリカでは、昨年ついに太陽光発電のコストが原発を下回った。
さらに、太陽光より風力・水力の方が安い。
2009年、アメリカとヨーロッパでは自然エネルギー発電が、最も拡大した発電施設となった。
特にヨーロッパでは太陽光が6割を占めた。

なぜか。
安いからだ。

日本では、自然エネルギーのコストが高いし不安定だと報道されている。
このような情報コントロールは、日本だけ。


東電が東大に依頼した面白い調査結果がある。

千葉県の犬吠埼沖合に風力発電施設を作ったらどうなるか。

結果は、2005年の東京電力が販売した電力量にほぼ等しい量の発電量が見込めることとなった。
世界最大の電力会社の総電力量がまかなえることが分かった。
この調査結果を見た東電は、この調査結果を公表しないように東大に要請。

調査結果の最後には、「犬吠埼沖合は水深500メートルあり、経済的に利用が難しい」と結ばれた。
ところが九州大学が海上に浮かべることのできる風力発電施設を開発。

追い詰められた東電は、海上の風力発電開発を行うことを表明。
しかし実現は25年後とした。
まじめにやる気がない。


アイスランドは地熱発電を大規模に行っている。
それで作られたお湯は各家庭に支給。
それでも余るので、温泉施設を大量に建設。
しかし使われている発電設備は、日本製。

火山大国の日本(世界の活火山の10%が日本にある)では、地熱発電はほとんど行われていない。
もし本格的に地熱発電やれば、今消費している電力の30%をまかなえる。

日本は、自然エネルギーだけで電力はおつりがくる。電力の輸出すらできるようになる。


日本の場合、電力会社からしか電力を買えない。電力会社にしか電気は売ってはいけない。
個人で小規模水力発電施設を作っても、そこから電力を家庭にひきこめない。
そして電力会社は、自然エネルギー発電からの電力を買おうとしない。

波がある限り発電し続ける潮力発電も、いいものが作られている。

日本は狭い国土だが、海に囲まれているので海上を含むと領土は12倍になる。
海を利用して風力と潮力発電やれば、エネルギー大国になれる。

家庭で全て省エネ製品に変えると、電力消費量は約半分になる。
これを自給するためには、太陽光発電8畳分。
太陽光発電の2キロワットの設備とバッテリーがあれば足りてしまう。


戦争してまで取ってくる石油、今回事故を起こした原発、これと比べると太陽光をやらない理由はない。

各地域で電力を作り、それをスマートグリッドによって必要な地域に必要なタイミングで届くようにすればいいが、東電はスマートグリッドをまともにやるつもりがない。

今回の原発事故の補償で、おそらく10兆円くらいはかかる。
国家が負担することになるが、このときに国は東電から送電線を担保として取り上げるべき。
送電線を公共のインフラとして活用し、自然エネルギー利用活性化の起爆剤にできる。

ドイツは、炭素税(二酸化炭素に課税)によって企業が負担している正社員の年金の半額を政府が負担した。
それによってアルバイトから正社員への切り替えが進み、25万人雇用が増えた。
さらに、その効果で生まれた利益によって自然エネルギーに転換。
自然エネルギーはコストが安いが、雇用が多い。
自然エネルギーも27万人の雇用を生み出した。

合計52万人の雇用。
これは、トヨタグループ9社の3倍。
安いエネルギーを作れて、さらにトヨタグループの3倍の雇用を生み出せる。

東電を温存するより、自然エネルギー分野での雇用増を図ればいい。
電力会社の金と権力は解体するべき。
それによってマスコミも救われる。
マスコミも、本当はスポンサーを気にせずに報道したいと思っている。

日本の自然エネルギー発電設備は世界一。
日本の省エネ商品は世界一。
電気自動車も世界一。
電気をためるバッテリーの技術も世界一。
それらを繋ぐITの技術も世界一。

日本の家庭の電力消費は、アメリカの3分の1、ヨーロッパの半分。

今までよりずっと電力消費を少なくして、今まで以上に快適に暮らすことは可能。
LEDは普通の電球の20分の1、今の冷蔵庫は昔の冷蔵庫の10分の1、の電力量。

今回は本当に悲惨な事態だけど、これを上手く利用して子供達のためによりよい社会を作りたい。

| trackback(0) | comment(2) |


<<HAARP(高周波活性オーロラ調査プログラム) | TOP | 台湾の義援金>>

comment











管理人のみ閲覧OK


ありがとうございます。 

なんスか、この神は?
拡散します。

2011/04/19 14:04 | くまんはし [ 編集 ]


 

>くまんはし

拡散ありがとうございます。
APBANKの理事で有名な人らしいね。チェルノブイリで自分の子供が牛乳で内部被爆して、根っからの反原発活動家のようだ。優しい語り口だけどね。

2011/04/21 22:25 | いちかわ [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://itty7551.blog23.fc2.com/tb.php/215-444fedd6

| TOP |

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

プロフィール

itty7551

Author:itty7551
身は俗世に。
心はタオに。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

タグクラウドとサーチ


> tags

*The JavaScript is invalid.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。