--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2011/05/08 (Sun) 畑の放射能対策

植物には根っこから土壌の放射性物質を 吸収するそうで、その中でもヒマワリが最も放射能吸収の効率が良いのです。土壌の放射能物質除去まで30年以上かかると言われる場所でもわずか20日で95%以上を除去したという記録があります。

1995年に米ラトガーズ大学のスラビック・デュシェンコフ博士ら旧ソ連出身の植物 学者達が、チェルノブイリ原発から1キロ離れた池で20種類の植物を栽培し、ヒマワリがセシウム137を根に、ストロンチウム90を花に蓄積することをつきとめた、という 研究報告があります。

これはファイトレメディエーションと呼ば れ、植物が持つ自然の能力を活かした環境汚染の浄化技術で、現在も研究が進められている技術です。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

という記事を読んで、畑に行った。
ヒマワリを植えるためだ。

3ヶ月ぶりに行く畑は
mugi2

麦畑になっていた。

植えてないのに。
おととしに植えたやつの種が生き残り、芽が出て成長したようだ。
麦は大量に肥料を必要とすると言われているが、立派に育っている。
ここ2年以上、肥料は一切施肥していない。

麦の根本にはクローバー。これも、おととし撒いたやつ。
気づけば、自然農法の基本(?)だ。

自然様の偉大さを存分に感じたあとで、全てを刈り取った。
人間様の力もなかなかのものだ。
全ては、土壌改良の為だ。


原発から離れているといっても、高崎でも多くの放射性物質が観測されている。
http://beltix.blogspot.com/2011/04/blog-post_28.html


せっかくなので、今年は収穫よりも土壌改良を優先的に取り組むことにした。

ヒマワリで放射性物質除去を。
ダイズで土壌に窒素を。

この二つをメインに種まきした。

育ったら、通常は刈り取って畑のなかに寝かせ、日光や微生物によって分解され、そのまま循環させるのが自然農のやり方だが、今回はどうなんだろ?

放射性物質を吸い取ったヒマワリをまた循環させたら、マズいんじゃないだろうか?
捨てるしかないか。
でもどこへ?

| trackback(0) | comment(2) |


<<こんなときだからこそ、喜ばしいことにフォーカスしてみた。 | TOP | ハレビト release>>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

CTBT放射性核種探知観測所の存在を始めて知りました。
今チビたちの将来のために、親ができることってなんだろね。

2011/05/12 22:22 | sis [ 編集 ]


 

>sis

ようやく誰か分かった。
とりあえず、放射能漏れが落ち着いたらぜオライト(ゼオラクス)は飲ませたほうがいいと思う。俺が親ならそうする。

http://fukumitsu.xii.jp/syu_f/FukushimaGenpatsu_1.html
このページの下のほうに、今回の事故で出た放射性物質と健康についての影響がよくまとまっている。

昆布類も、日常的に食べさせたほうがいいね。

2011/05/13 22:26 | いちかわ [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://itty7551.blog23.fc2.com/tb.php/220-399f8441

| TOP |

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

プロフィール

itty7551

Author:itty7551
身は俗世に。
心はタオに。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

タグクラウドとサーチ


> tags

*The JavaScript is invalid.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。