--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2011/07/28 (Thu) NEVER GIVE APPLE 1

青空カフェ「ハレcafe」、南三陸町旭ヶ丘コミュニティセンターで開催してきた。

最初はどうなることかと思ったが、現地の人も歓迎してくれ、メンバー全員の活躍でやりきることができた。
関わった全ての人に感謝します。

強烈な接待を受け、正直ボランティアとしては失敗だったかもしれない。
差し上げるものより、受け取るものが遥かに多かったから。
自分で振り返ってみても、今回のことをどう自己評価していいか全く分からない。

しかし、今回の旅でボランティアというものに対する考え方がガラリと変わった。

これは特殊な例かもしれない。
そして私の思いも、普遍性を持たない個人的な思いに過ぎないかもしれない。
グダグダと私の心の動きを書くのもできれば避けたいところだ。
自分でも格好悪いなあと思うし、まして他人様から見れば見苦しい限りかもしれない。


しかし、ある視点を提供することくらいはできると思うので、やることになった経緯から、私の感じたことを中心に書いていきたいと思う。




今回の震災で、私は無力感を感じていた。
ツイッターなどネット上では、悲鳴のような支援を求める声が溢れていた。
それに対して、個人でできることといったら僅かなもの。
できる範囲で支援物資を送っても、自分のなかのモヤモヤ感は増すばかりだった。

自分の特性を活かして、何かやりたい。
けど、何をやっていいか分からない。
そんな日々が続いていた。
いつしか東京では日常モードになり、自分の無力感にフタをして生活することが容易にできるようになっていた。
そんな空気感に身を任せそうになる自分もいて、何か嫌な感じだった。

そんなとき、お遍路仲間である友人から「青空カフェをやっている人がいる」というメールが送られてきた。コーヒー屋で働く私は、その手伝いくらいならできると考え、早速ネットで調べてみた。
しかし誰がやっているのか、よく分からない。

そこでその友人に、「青空カフェをやっている人を知っているなら教えて欲しい」とメールした。

返信が返ってきた。
「その人に協力するのではなく、自分でやってみれば?協力するよ。」と。

ボランティアすらマトモにやったことのない私なので、自分主体で何かやることは全く考えていなかった。
戸惑った。

自分の脳ミソは、激しく抵抗を始めた。
「やりたいけど、どうやっていいか分からない」
「開催するころには避難所に人がいるかどうかすら分からないじゃないか。」
「第一、お金が無い」
「コーヒーを淹れたところで、支援になるの?」
「そんなことよりも、瓦礫撤去でしょ」
「ボランティア活動未経験で、自分主催で何かやるのはハードルが高過ぎでしょ」
「人の為に何かするほど、自分は善人じゃない」

放っておけば、ネガティブな思考がムクムクと首をもたげてくる。

しかし、こうも思った。

「将来的に、私はコミュニティカフェをやることを考えている。
そこには美味しいコーヒーがあり、癒される音楽があり、ワークショップなどの教室も開催される。
そこに来た人達同士繋がりを持ち、みんな癒されたり、元気になったり、創造的になったりする。
そういう空間というか『場』を作りたい。
そしてそれは、将来じゃなくて『今』できるかもしれない。
それによって、もしかしたら被災地に貢献できるかもしれない。
だとしたら、『今』やらないでいつやるんだ?」

しかし、この想いの根っこの部分は結局は自分の為。
自分のエゴから来ているものかもしれない。
そんな不純な動機でやってもいいのだろうか。
悩んだ。

元会社の後輩に相談したところ、
「不純な動機でもいいじゃないですか。それで人の助けになるかもしれないなら。」
と一刀両断。
目が覚めた。

そこでようやく、やることを決意。

そしてやるからには、最悪一人でもやりきろうと決めた。
ここまで覚悟を決めれば、あとはもう進むだけ。

今の自分にとって「ハードルが高い」と思われることでも、いざ動き始めると、そのハードルはどんどん低くなっていき、ついには「ハードルなんて無かったんだ」と気付くだろうことも、今までの経験から分かっていた。

そしてやるからにはできるだけ楽しいイベントにしたいので、協力者を募った。

人を誘うのもかなり抵抗があった。
「ボランティア一緒にやらない?」と声をかけるのは押し付けがましいし、断り辛いことでもある。
結果行けない人に断らせるのも、何か申し訳ない。
急遽流しソーメンをやることになり、このままでは面子が足りないという状況になったので、最終的には何人かに声をかけた。
断らせてしまった人、ごめんなさい。


結局、お遍路仲間・会社の元同僚中心にメンバーが集まり、やる内容も決まった。

うたごえ喫茶
囲碁教室
カキ氷
流しソーメン
青空カフェ

気が付くと、私の理想のカフェの姿そのものになっていた。


開催する場所探しだが、どうやったらいいか全く分からない。
そこで、とりあえず情報の集まっていそうな、各地の災害ボランティアセンターに手当たり次第電話をかけた。

担当者と連絡がつながったのが2箇所。
気仙沼災害VCと南三陸町災害VC。

自分のやりたいことを伝えると、担当の方が開催場所を募ってくれた。
結果として両方から受け入れを表明していただけた。

両方でやるのは日程的な問題があったので、連絡の早かった南三陸町で開催を決めた。

かくして、未来に実在するであろうコミュニティカフェ"ハレcafe"が被災地でプレオープンすることになった。

| trackback(0) | comment(0) |


<<NEVER GIVE APPLE 2 | TOP | ハレcafe open! 7/23 南三陸町旭ヶ丘コミュニティセンター>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://itty7551.blog23.fc2.com/tb.php/231-6c1b64d7

| TOP |

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

プロフィール

itty7551

Author:itty7551
身は俗世に。
心はタオに。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

タグクラウドとサーチ


> tags

*The JavaScript is invalid.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。