--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2009/05/11 (Mon) 育苗と採種

我が家のベランダは、苗達でギッシリになってます。
苗達
この他にもあります。

野菜の種類によって、水やりがこまめに必要なもの(キャベツとか)、
あまり水を必要としないもの(トマト)、など少し分かってきました。

マグマの一粒を使用したせいか、発芽率は素晴らしいです。
しかし、その後の世話が失敗して枯れていった野菜もいます・・・。
(特にキャベツの一部)
しかし、種も土もこだわっているので、収穫がひと際楽しみです。

トマト苗
トマトは、茎にビッシリと細かい毛が生えており、見るからに
元気そうです。(親バカの一種か?)

育苗箱からこちらの育苗ポットに移したり、毎日の水やりとか、
育苗には少し手間がかかります。苗を買ったほうが楽です。
しかし、自分の畑で取れた野菜から採種し、自分の畑に適応した
オリジナル品種を作っていくスタイルは、やっぱりカッコいいです。
自然農法を目指す立場からも、環境に適した強い品種に育てて
いくことは欠かせないと思います。

長期的に見ると、結局このようなことを繰り返して自然農法を確立
したほうが手間がかからないんじゃないでしょうか。
また、良い株を選んで良い種を残していくのは、なんかダービー
スタリオン的な楽しみ方のようで、マニア心をくすぐります。

6月ごろには、みんな我が家のベランダから畑へと巣立っていき
ます。そのときに寂しさを感じる感性が自分にあるのか、ないのか。
どうなんでしょう?


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
↑いつもクリックありがとうございます

| trackback(0) | comment(3) |


<<究極の自給自足 | TOP | 自然の野菜は腐らない>>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

お馬さんのことは、さっぱり…ですが、自分で育てた野菜の種が、来年どんな芽をだし、実をつけるのかは、ホント楽しみですね。


カブやら、小松菜やらの種、初めてみたけど、極小粒ですよね。どうやって自分で採取するんだろう…
ウチの農園では、師匠から種をいただくので、自分で採取のチャンスはなさそうです。

2009/05/11 23:15 | ベジ1号 [ 編集 ]


 

ネイティブアメリカンのように、7代先のことまで
考えて、野菜づくりに励んだら・・・
たくましく育ててあげること!に尽き、人間の子育ても
原点では同じように思います。
楽しみですね!6月のこどもたちのアセンション!!
ベランダから畑へ。まさに次元上昇。笑

自然を愛でることが人類の仕事なんでしょう。

2009/05/12 02:29 | くまんはし [ 編集 ]


 

ベジ1号さん

ダービースタリオンのことですね。ゲームで馬を交配させて子供を生ませ、それを繰り返して競馬に強い馬を作る、ってやつがあるんです。
種の採取法は、私もこれから勉強します。本で読んだ限りでは、簡単そうでしたが。実際やってみるとどうなんでしょうね?

くまはしさん
自分の子孫7代先まで思いやる想像力はなかなか持てませんが、野菜なら7代くらいは思いやることができそうです。
野菜で訓練→自分の子孫に適用
って感じの流れでいいですかね?

2009/05/13 21:00 | itty [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://itty7551.blog23.fc2.com/tb.php/40-41bd0fe4

| TOP |

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

プロフィール

itty7551

Author:itty7551
身は俗世に。
心はタオに。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

タグクラウドとサーチ


> tags

*The JavaScript is invalid.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。