--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2009/07/03 (Fri) 墓石と超高層ビルのパラドックス

「地震が起きたとき、墓石は簡単に倒れるのに、なぜ高層ビルは倒れ
ないのか?」

なぞなぞではなく、ちゃんとした力学的な問題です。

この問題に対して明確な答えを出し、免震の超高層ビルという1兆円
市場を作り出した人がいます。

以前、「超高層ビルを免震する」というのは業界のタブーだったようです。
免震する為には、地上の構造物と基礎の間に、柔らかい免震層を設け
ることになります。
その為、超高層の免震ビルは転倒しやすく、もしそうなったら周囲数百
メートルに大きな被害を及ぼす、と考えられてきました。

その為、業界ではタブーとされ、その開発に挑むということは、答えが
あるかどうか分からないものに挑戦する、ということばかりではなく、
社内外からの圧力にさらされることになったそうです。

この問題にとりつかれ、何ヶ月もの思考が行き詰まる苦痛の末に、1枚
の紙ナプキンにふと思いつきで書いた絵から、答えが閃いたそうです。

人間のものさしで考えることを止め、高層ビルになったつもりで考えると
答えが見えてきます。

つまり、高さ1mの墓石にとって地震の揺れは大きいものであり、転倒す
るエネルギーを持つが、高さ100mの高層ビルにとって、地震の揺れは
あくまで微震であり、転倒のエネルギーになりえない。と言うことです。
地震の揺れはたかだか50cmほどだそうです。

この答えに辿り着いたことから、以後開発チームはシンクロニシティ
波に乗り、セレンディピティにも恵まれ、時代の後押しも受け、様々な
難問を奇跡的にクリアしつつ、世界初の超高層免震ビルを実現させる
ことになりました。いわゆるフロー状態になったようです。

圧倒的な成果を出す人や組織は、必ずこのようなフロー状態を経験する
ことが共通点としてあるようです。この状態を味わえることは、多くは肉体
的・精神的には極限状態に陥ることを意味しますが、幸せなことだと思い
ます。

この開発を行った方が、今私の所属している社内におり、研究開発に対
するコンサルタントとしてご活躍されています。ある案件で仕事を一緒に
する縁がありまして、その著書を読ませていただきました。

その本のなかで、研究開発遂行の為のノウハウをまとめていました。
その中でもユニークだったのが、
・固定観念や先入観から開放される。対象物の視点に立つ。
・相対尺度ではなく絶対尺度を持つ。(本質や核心をつかむ)
・タイミングとの出会いを見逃さない。
・考え抜き、考え尽くす。画を描き、画像で考える。
・不利な状況や結果を逆に利用することを考える。
・頭より体の感覚を信じる。
・普段からの挨拶・態度・感謝を疎かにしない。
少し省略してますが、以上のことが私のアンテナに引っかかりました。

これはそのまま営業や経営にも応用できるものです。その他、何にでも
応用が効く根源的なノウハウであると思います。

科学的な思考回路を持つ研究員の方が、右脳思考やセレンディピティな
ど見えない世界に注意を払うことをノウハウの核としています。興味深い
ことです。

また、本の最後に日本の研究開発に対しての問題提起をしていました。

日本は欧米諸国からの技術導入に頼る時代は終わった。「日本発の技
術開発」とは、世界の何処にも無い技術をゼロから作り出し、日本から発
信することに他ならない。世界の何処にも無い技術をやることは、自分が
言いだしっぺになるしかない。
そして、自分が言いだしっぺとなりそれをやり遂げるエネルギーは、想像
を絶するものがある。しかし、日本のエンジニアには、それが責務として
課せられている。

これも、そのまま「技術開発」を「ビジネスモデル」に置き換え、経営にも
当てはめることができると思いました。

国自体がアメリカに寄りかかり、言いだしっぺになることを拒否してきた
影響なのか、我々も出る杭になることを避けるようになって久しいです。

資本主義崩壊後の世界からは、日本のリーダーシップが求められること
が予想されています。(既に求められている?)
その為の準備を、特に団塊Jr世代は短期間で行わなければなりません。

既存のパラダイムの破壊者となり、新しい世界を構築する仕事が待って
います。

頑張りましょう。

1兆円市場を拓いた男1兆円市場を拓いた男
(2008/04/15)
内山 義英




にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
↑いつもクリックありがとうございます

| trackback(0) | comment(0) |


<<キュウリの審判 | TOP | 日本のソフトパワーを世界に。そして畑にも。>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://itty7551.blog23.fc2.com/tb.php/66-36e4d83d

| TOP |

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

プロフィール

itty7551

Author:itty7551
身は俗世に。
心はタオに。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

タグクラウドとサーチ


> tags

*The JavaScript is invalid.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。