--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2009/08/08 (Sat) 自然農法は忍耐力勝負

秋に向けてキャベツの種を植えました。

育苗ポッドに土のみを入れ、そこに数粒種を仕込みます。
発芽後2週間程度たちましたが、順調です。

春にキャベツを育てたときは、育苗ポッドの土に腐葉土を
混ぜました。100%天然の完熟した腐葉土です。
その結果は、アブラムシの大量発生でした。生育が悪く、
なんとか生き延びたヤツを畑に植え付けたら、今度は虫
で全滅しました。

今回は腐葉土を使ってないので、アブラムシは発生してま
せん。過度の栄養は、自然のしっぺ返しを食らう、良い例
になりました。

植物が育つのに、窒素・リン酸・カリが必要と言われていま
すが、山の土にはほとんど含まれてないそうです。

ではなぜ、山はあれだけ植物が生い茂ることができるのか。
答えは分かりませんが、私が思うに「必要なとき・必要なだ
け」そのような養分が土の中に発生するのでは、と考えてい
ます。その為、土のなかに余計な養分が残留していないの
では、と。

多様な植物の根が多様な分泌物を出し、その為多様な微生
物が育まれ、全てが循環し、バランスが取れることによって、
そのようなマジックが実現していると思います。

化学肥料では微生物が死滅しますし、有機肥料ではバランス
が崩れてしまいます。自然の力は崩れたバランスを補おうと
働きますので、結果として害虫の発生に繋がります。

川のように流れる水はキレイですが、流れない水は淀みます。
土のなかの養分も同じことです。循環しきれない余分な養分
があると、土は淀み作物に悪影響を与えます。

畑に雑草がはびこると抜きたくなりますし、野菜の成長が悪い
と肥料を与えたくなります。しかしそれは人間の都合で、自然
にとっては不要なことのようです。そこをガマンして、自然の力
を信頼すること。

自然栽培には、この忍耐力こそが求められます。
結構キツイです。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
↑いつもクリックありがとうございます

| trackback(0) | comment(2) |


<<新型インフルエンザ | TOP | すべては宇宙の采配>>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

暑い~~~の口癖が止まらないベジ1号ですが、
秋冬向けの畑作業ははじまってるんですよね…。
畑作業は、切れ目がないんですね。

ちょっと、タイム!!!と言いたくなります。

2009/08/13 13:41 | ベジ1号 [ 編集 ]


 

ベジ1号様

畑をうまく区分けして、春秋野菜の切り替えしたり、連作障害を避けたりとか、そのへんのノウハウが重要ですね。
いまのところはいきあたりばったり感満載でやってます。

2009/08/18 20:37 | itty [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://itty7551.blog23.fc2.com/tb.php/80-a8598a16

| TOP |

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

プロフィール

itty7551

Author:itty7551
身は俗世に。
心はタオに。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

タグクラウドとサーチ


> tags

*The JavaScript is invalid.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。