--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2010/03/08 (Mon) 遠藤周作氏の教え

以前、ある事情によりクリスチャンに対する理解を深める必要性に
迫られた時がありました。

すぐ挫折したけど聖書も少し読み、教会へも足を運び、三浦綾子や
遠藤周作など日本人クリスチャンの文学を読み漁りました。

宗教は道徳心を育むので、優れた社会性を持つ人を作る力があると
そのときは思いました。しかし強固なペルソナを作り上げる一方で、
強力なシャドーを形成してしまう暗黒面がある、と後に気付きました。
宗教は結局、諸刃の剣です。

この両面性を身近に見ることができたのは、良い経験だったと思います。

そんなことがあり、遠藤周作には一時傾倒しました。

氏の教えのひとつに、
「若いうちからボーナスはたいて一張羅を買い、たまにはそれを着て高い
レストランに行ってメシを食え!」ってのがあります。

そのようなことをしとけば、いざというとき慌てないで済むし、やがては
自然と高級なレストランが似合う人物になっていく、という教えです。

今風に言うと、自己暗示(アファメーション)による潜在意識の活用、と
いったところでしょう。

以前、社会人になりたての純粋だった私は、教えを忠実に守り、友人
帝国ホテルのフレンチレストランへ出かけました。

内心ドキドキでレストランに突入しましたが、「予約がない方は無理です」
とあえなく撃沈。

打ちのめされる私を尻目に、友人は手際良く次の候補を探し出し、六本木の
瀬里奈という高級なお店の席を、その場て手配してくれました。

比較的カジュアルな(?)お店だったので、マナーを気にすることもなく
料理を堪能できました。土瓶蒸しがやたら美味かった記憶があります。

来月、またそれをやる予定です。
白金のシェイグチというフレンチレストランを友人が予約してくれました。

あの木村さんの奇跡のリンゴの料理を出してくれる店とのこと。
楽しみです。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
↑いつもありがとうございます

| trackback(0) | comment(4) |


2010/02/13 (Sat) 花粉症対策

明日社内で開催される安全衛生委員会のテーマが花粉症で、
何故か(罰?)発表者が自分になったので調べてみました。

私は花粉症ではないので、その苦しみは良く分かりませんが。

化学物質による汚染や、ストレス、食べ物の未消化(食べ過ぎや
咀嚼不足による)など、その原因は色々な要素が複合的にある
ことが分かりました。

ネットで調べると、治療法も星の数ほど出てきます。


ここでは手軽にできる治療法・対策を2つ挙げます。

①よく噛んで食べる
たんぱく質の未消化が、花粉症の大きな原因となってます。
発症した人はもちろん、未発症の人も、よく噛んで食べて
予防するのがいいようです。

②ブラックブラックガムを噛む
ペパーミントがアレルギー抑制作用があります。
グリーンガムでもいいですが、最強はブラックブラックとのこと。
ロッテが花粉症の人154人集めて、ちゃんと調査したようです。


花粉症はIgE抗体がどうのこうの、とか良く書かれていますが、
結局は消化器官の調子を整えること、デトックスすること、
食生活の改善、この3つが根本的な治療の道だと思いました。

私は昨年、デトックスに取り組み(1ヶ月半)、アレルギー性
鼻炎が劇的に良くなりました。
使ったのは、ゼオラクスというデトックス用の飲料です。
http://zeolux.biz/
かなりオススメです。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
↑いつもありがとうございます

| trackback(0) | comment(2) |


2009/06/21 (Sun) eatrip

本日、愛車ビートルを車検に出し、引き取りの夕方まで時間をもて余した
ので、恵比寿ガーデンシネマに「eatrip」という映画を見に行きました。
eatrip

会社の元後輩がオススメしてくれました。

デザイナー、歌手(UA)、ダンサー、俳優(浅野忠信)、寺の住職、茶人、
文人、自然農法を行う主婦、などなど様々な人へのインタビュー映画で
す。それぞれの立場から、色々な角度から、「食」または「生きること」に
ついてアプローチして、人と食の関わりを炙り出します。

「食べること」は、イコール「生きること」だと、アタマでは分かっていまし
たが、この映画を見てさらに理解が深まりました。

マクロビオティック・スローライフ・ロハスなどに興味のある方はもちろん、
そのような予備知識がない人も、楽しめる映画だと思います。

「食事」は五感全てを使う行為であり、大げさに言えば地球との最も豊か
なコミュニケーションです。食との関わりかたは、その人の人生観が如実
に現れる部分だと思います。

今日は偶然にも、上演前に監督と出演者のトークライブがありました。
「現代は、生きることになかなか意義を見出せない、難儀な時代です。
だからこそ食という人の営みの超基本に戻って、シンプルに考えること
が有効なのではないか」という監督の言葉には全く同感でした。

食を良質なものにし、それによって人生を良質な方向に引っ張ってもらう。
通常とは逆の考え方ですが、それも十分ありえると言うか、むしろ王道か
もしれません。

ラストシーンの晩餐の様子は、幸せのカタチのひとつの答えだと思います。

映画の最後、エンドロールが流れ終わると、観客から拍手が起こりました。
幸せな気分に、また無性に何かを食べたくなる気分にさせる映画でした。
かなりオススメです。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
↑いつもクリックありがとうございます

| trackback(0) | comment(0) |


2009/05/29 (Fri) 断肉レポートⅡ

断肉、続いてます。
4月アタマから開始したので、約2ヶ月になります。

しかし、飲み会や実家での食事など、チョイチョイ肉は食べてます。
なので断肉ではなく、省肉というのが正しい表現になります。

自ら積極的に肉を食べることはなかったです。ですが、ついに今日の
お昼にレバニラ定食を注文してしまいました・・・。無念。

さらに、会社で栄養士の資格を持っている人より、栄養学の観点から
肉を食べる重要性を詳しく聞かされてしまいました。科学的な根拠に
乏しい私は、何も反論することができません。

断肉哲学信者にとって逆風が吹きまくる一日となりました。
ですが、止めるつもりはまったくありません。

料理のレパートリーが殆どない私にとって、肉が食べられないことは
かなり辛いです。野菜の料理といったら野菜炒めくらいしか作れません。
あとはパスタ(ぺペロンチーノ)くらいでしょうか。

以前、自然療法の施設に遊びで宿泊したことがあるのですが、そこは
野菜料理しが出さないところでした。ですがおかずの種類が豊富で、
しかもどれもすごく美味しかったです。
野菜ってこんなに味が豊かなんだ、肉の方がむしろ味気ないんだ、と
感動した記憶があります。

話が逸れますが、そこでは「食事瞑想」というものを推奨してました。

やり方は、
一人になれるところで、食事だけに集中して食事をします。
一口毎に完全に噛みつくして飲み込むまで良く咀嚼します。
以上、これだけです。

やってみると、50回くらい噛んだところで、もう固体としてのものは口の
中に無く、唾液をひたすら噛んでいるような状態になります。それでも
300回程度を目指して噛み続けます。

これにより、食材を深く味わい尽くし、小食でも満腹感を感じるように
なります。従って、ダイエット効果もあるとのことです。

30分以上かけてゆっくりと食事をしますので、色々とアタマの中に想念
が湧き起こります。本来は食材とそれを作り育てた人、大地、太陽など
の自然に対し感謝をしながら食事をすることがコンセプトのようです。

ですが、私は噛み続けるのに必死で感謝どころではありませんでした。
しかし、野菜の味の豊かさには本当に驚かされました。今から思えば、
半農道を行うようになるきっかけのひとつだったかも知れません。

話は戻りますが、野菜料理のレパートリーを今から増やし、畑の野菜達
の収穫に備えたいと思います。

どなたか超簡単で美味しい野菜料理のレシピ教えて下さい。
(ちなみにおるがのぽにこさんのレシピは参考にさせていただいてます。)



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
↑いつもクリックありがとうございます

| trackback(0) | comment(7) |


2009/04/23 (Thu) 太陽の結晶

久しぶりに食べ物で感動しました。

命仁というお米です。
グリーンオーナープロジェクトが会員向けにおすそ分けで配布してくれ
ました。

米をとぐときに、スグ違いを感じます。よく磨かれたガラスのビーズの
ような感触で、ツルツルしてて重量感があります。ビックリしました。

誰かが「米は太陽光が結晶化したもの」と言っていましたが、その
意味が分かったような気がします。一粒一粒に光沢があり透明感
があり、結晶という言葉がピッタリです。

味も普通の米とは全く違います。味が濃くてコシがあるというか・・・。
普段食べている米は、何なんだろうと思いました。あきたこまちとか、
コシヒカリとか、食べてもあまり違いが分かりませんでしたが、この
米は別次元でした。

とにかく美味しい!値段は普通の米の2倍(?)程度しますが、
もうこの米以外は食べられないと思いました。

良い環境で育つ作物は、やはり美味しい。しかも食べ物自体が薬の
役割も果たします。そのような野菜を作ろうとモチベーションも再度UP
しました。

農政改革で減反政策を廃止するかどうか、今日のニュースになって
ました。飽本一祐という教授によると、米生産のエネルギー効率は
非常に良く、米に含まれる食物エネルギーは、稲作に投入する
エネルギーより高くなるそうです。
ちなみに肉1kg生産するのに、餌などで植物が10kg必要とのこと。

地球環境や、飢餓に苦しんでいる地域のことなど、一段高いレベル
にて政策を考えれば、自ずと答えは出てくるように思えます。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
↑クリックご協力下さい

| trackback(0) | comment(2) |


<< back | TOP | next >>

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

プロフィール

itty7551

Author:itty7551
身は俗世に。
心はタオに。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

タグクラウドとサーチ


> tags

*The JavaScript is invalid.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。