--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2011/08/17 (Wed) ガイア理論的な価値観

地球をひとつの生命体とみなす、「ガイア理論」というものがある。
古くからある考え方で、ジェームズ・ラブロックにより「仮説」として提唱された。


宗教はもっと進んでいて、宇宙をひとつの生命体とみなすのが一般的だ。
ネイティブインディアンなど古代からの伝統があるところでも、そのような考え方をする。


しかし、現代の西洋合理主義的な考え方では、人間と自然とを分離させる方向性でいた。
人間が科学によって自然の摂理を解明し、いつかコントロールすることができるのではないかと。
自然より人間を上位とする(支配-被支配的な)考え方だ。

それによって、人類全体がゲシュタルト崩壊してしまっているようにも見える。
経済も、医療も、教育も、政治も、あらゆる分野に渡って解決が不可能に思えるような問題が山積みされているのが、いい証拠だ。



世界は今、大きく変容しようとしているように思える。
しかし、人間の意識はそう簡単には変わらない。

ガイア理論のような考え方から見れば、人間も大きな生命体の一部。
全体が変わろうとしているときに、人間だけが変わろうとしないとなると、どうなるか。

一説によると、人間の意識の力というものは物凄いエネルギーを持っており、地球の環境にも相当な影響を与えているらしい。


全体が変わろうとしているのに、なかでも大きな力を持つ人間の意識が変わらない。
これは地球にとって、宇宙にとって、相当なストレスになっているかもしれない。


地震が
地殻プレートの活動によって起された、とか
太陽活動の活発化が原因、とか
惑星の直列が原因、とか

色々言われているが、どれも当たっているだろう。
しかし原因を外ばかりに求めても、完全には程遠い。


自分達の内側にも原因があるのだ、という考え方も持っていた方が、
バランスが取れているし、合理的なような気がする。


人類の意識が世界の変化に対応できない限りは、
天災・人災は起こり続けるのかもしれない。

古くからある神話や宗教などには、そのような物語がたくさんある。
それが長い年月をかけても、まだ伝わってきているということは、それなりの合理性・必要性があってのことだろう。
人間が辿る旅路の、プロトタイプがそこにあるのかもしれない。



世界は変化し続ける。
しかも、変化のスピードは加速している。

人間の意識は、だいぶ置いてけぼりを食っているかもしれない。
だいぶ離されてしまった。
その距離が長いほど、地球にとって大きなストレスとなり、結果として大きな災害となる。

人間の意識が変容して、地球にストレスをかけなくなれば、また穏やかな世界が取り戻せる。
そんな気がする。


このような考え方は、一般的ではない。
しかし震災の直接の被害を受けた、南三陸町のおばちゃんは、それに近い感覚を受けていた。
その方は瓦礫の山と化した自分達の地域を見て、次のように受けとめていた。

「ほれ見たことか人間。もう一度やってみろ」


直接被害を受けた方は、そこまで感じることができる感覚を取り戻している。



東京は人の数が多いし、発信の中心地だし、そこで暮らす人々の意識の影響力は測り知れない。
ここの人の意識の状態によって、これからの災害の被害度合いがだいぶ変わってくる、と思う。


今回の震災があってから、自分自身の価値観の崩壊、とまではいかなくても、自分自身を見つめ直した人の数だけ、これからの災害度合いが軽くなる。
そんな気がする。



変わらないでいるのか。
東京の身代わりとなった今回の被災地から学び、変わることができるのか。


どうなんだろう?
絶望的な感じもするし、希望が大きいような感じもする。

| trackback(0) | comment(0) |


2011/08/09 (Tue) 快楽

日本は「快楽」が無理やり抑えこまれているのだ、と思うことがある。

何者かが、
「日本人の快を抑えて、ワザと不快指数を上げてやろう」

と何らかの意図をもってやっているんじゃないか、とついつい思ってしまう。



GDP(国民総生産)
GNH(国民総幸福量)
とあるが、
GNP(国民総快楽量)
があってもいいんじゃないだろうか。

日本は世界ワーストの部類に入るだろう。
それを裏付けるデータはいくらでもある。



「快楽」=悪いこと

のイメージが無いだろうか。


これも、洗脳の結果のひとつだ。


「快楽」=「気持ちよい」=「イイコト」
という単純な図式。
真実はいつもシンプルで、人にやさしい。



自分に酔う、というのも、なぜかネガティブイメージだ。
ナルシスト、なんてネガティブイメージそのものだ。

ある小説の冒頭で、ナルシストのことを美しい、と表現する場面があった。
以前はそれが理解できなかった。


しかし、
自分に酔っても、恥ずかしくない。
自分に酔っても、周りとの関係は成立する。
むしろ自分に酔うことで、周囲と調和する。
ということに、薄々気付いてきた。


いままで、快楽指数マックスでいると周囲に調和せず苦しんだ経験は無いだろうか。
快楽指数マックスでいる人など、ほとんどいないから。
浮いてしまっても無理は無い。


快楽指数マックス状態で居続ける勇気を持つべきだ。
そうすれば、そういう人達といずれは繋がる。
調和できる。
調和してもっと圧倒的な快楽に浸れるのではないだろうか。



証拠のひとつはこれ

様々な人種の人々が、音楽を通じて感情をひとつにする瞬間。



バックのオーケストラメンバー全員ひとり残らず、
観客もひとり残らず、
陶酔しきっている。

快楽に酔いしれている。

彼らを知らなくても、世界中の一流の奏者たちが終結しているのが分かる。
異なる文化を持つ彼らが、音楽という媒体を通して完全に通じ合っている。
お互いを理解しあっている。
アドリブが錯綜しても、調和が崩れることはない。
ビジュアルで見せられつけると強烈だ。

音楽は技術じゃない。心だ。
そう教えてくれる。


見て、即効でアマゾンでDVDを注文してしまった。
wikiで調べても、この人、ヤニーのことが出てこない。
どうして日本では知られてないのだろう?

圧倒的な快楽。
快楽は癒しでもある。



快と不快は、結局この世においてどちらも欠かせないもの。
しかし今はバランスが不快に傾き過ぎている。
今は快を無邪気に追い求めても、いいんじゃないかと思う。


世界に調和を、取り戻す為に。

| trackback(0) | comment(1) |


2011/08/02 (Tue) まだまだ天災・人災は続きそうだ

米デフォルト回避へ…下院、債務上限法案可決
というニュース。

世界の経済システムの中心が倒産するって危機だから、すげえ危険なハズなのだが。


しばらくは危機を煽っておく、いつものパターンでしょ。
ホントは大丈夫なんでしょ。
今のうち、逆に張っておいて儲けるんでしょ。

見え透いている・・・。


ちょっと訳知りの人の多くはそう思っているだろう。
俺もそのひとり。


しかし、むしろ日本のデフォルトが近いそうだ。
実は。


日本倒産も、随分騒がれているが、
日本の国債は、結局は日本の国内で引き受けているから大丈夫。
とか思っていたけど。


震災の直後から日本国債の空売りを仕掛けている欧米ヘッジファンドは多いそうだ。



国際金融界で、デフォルトする国・最有力候補は、

ギリシャでもアメリカでもなく、

日本

だそうです。


興味ある人は↓
http://www.funaiyukio.com/funa_ima/index.asp?dno=201107008



このような近未来予測は、情報が広まると実現しない。
という力学が働くことを願って、書いておきます。

8/15と10/2、大丈夫だといいけど。


ここ数年は水と火の災害が多く起こる、と言われていた。
水・・・津波
火・・・原発
水・・・洪水
ときてるから、

次は火だから・・・噴火か?
くらいに思っていたけど。

日本の台所事情に火が付く、というオチか?



まあ、だとしても、
お金や情報や物の流れは止まらないし、
一般人が元気に生きていくことは可能。

一足先に、被災地がそれを証明してくれている。

| trackback(0) | comment(0) |


<< back | TOP | next >>

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

プロフィール

itty7551

Author:itty7551
身は俗世に。
心はタオに。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

タグクラウドとサーチ


> tags

*The JavaScript is invalid.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。